高須克弥

提供: ネトウヨWiki
Jump to navigation Jump to search

高須克弥(たかす かつや)は医者。整形外科医。そして出しゃばり系ネトウヨでもある。

高須克弥
画像なし
基本資料
本名 高須克弥
別名・渾名 高須院長
生年月日・年齢 73歳、1945年生まれ
職業 医師
所属 高須クリニック
出身高校 東海高校
最終学歴 昭和大学
関係者
西原理恵子

概要[編集]

テレビ番組のスポンサーとしての経営手腕、医者としての実力とかはあると思われる。

しかし数多くのネトウヨ発言やナチスドイツを賛美する発言でネトウヨや頭の悪い人たち以外からは顰蹙を買い、海外の学会を除名させられている[1]。一方で自身のナチス礼賛を棚に上げ、韓国の歌手グループBTS(防弾少年団)が過去に着ていた衣装がナチスに似ているとして、ユダヤ人権団体SWC(サイモン・ウィーゼンタール・センター)に通報するという、明らかなダブルスタンダードをかましてもいる[2]。このことから、悪いことだと自覚しながらナチスを礼賛している模様。

漫画家の西原理恵子は愛人。ちなみに実の息子は父のネトウヨ発言を嫌っている。

問題発言[編集]

「甘ったれるな若者」[編集]

Twitterでの発言。

TV等でよく放送される「若者の○○離れ」について「若者にお金がないから」と意見するとある大学生の新聞投書に対して以下のように発言

年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。働きながら君たちを育てたのだ。
君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない。
ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者

ハングリー精神を持てを若者を励ますようにもとれるが若年層かつ相対的に貧しい人が多いTwitterであったことから多くのTwitter利用者は批判的にうけとめた。

その後高須は

我々のほうが働いていたのは厳然たる事実だ。
歴史も知らんのか?
戦後補償と戦争国債が莫大だったことも知らんのか?国民は餓死寸前だったんだぞ。ここまで立ち直らせたのは我々。
老人を敬え。だったことも知らんのか?国民は餓死寸前だったんだぞ。ここまで立ち直らせたのは我々。
老人を敬え。

と投稿。

それを見たTwitter利用者が「15万で暮らしてみろ」と反論するがネトウヨは「15万なら転職したほうがいい」等と高須を擁護した。

ちなみに15万というのは手取りの話で額面が15万なら転職したほうがいいというのは現実的ではあるが高卒・大卒求人で初任給18万台が多いこのご時世手取りが15万くらいになるのは割と普通である。

統計上初任給の平均は上がっているとされる一方それを上回る勢いで年金や社会保険料の高騰、消費税の増税が起こっているため今の若者がひと昔前(1997年以前)より可処分所得が減少しているのは言うまでもない。

ナチス賛美[編集]

高須克弥@katsuyatakasu
 ドイツのキール大学で僕にナチスの偉大さを教えて下さった黒木名誉教授にお会いした。励まして下さった❗嬉しい😭なう 
高須克弥@katsuyatakasu
 我が国の医学は大東亜戦争に負けるまではドイツ医学だった。ナチス政権下のドイツ医学の発展は目覚ましいものだった。それを教えて下さった黒木名誉教授に再会して喜んで何がわるい! 
高須克弥@katsuyatakasu
 ネオナチはファッション。僕らは科学者。ナチスが消滅してもナチスの科学は不滅。アメリカもロシアも戦後スカウトされたナチスの科学者は優遇され宇宙開発や原子力開発や医学の進歩に偉大な足跡を残している。

まとめると「ナチスのおかげで医療が発達した ナチスは悪くなかった」ということである
ちなみに日本が受けたドイツ医学の影響はナチスドイツ時代よりもおやとい外国人などでドイツ式が流行したドイツ第二帝政時代であり、ナチスの影響だとは言い難い。

アンネフランクの日記は捏造[編集]

高須克弥@katsuyatakasu
 アンネのサインと日記の字は全く違います。子供にあんな名文は書けません。アンネの日記はボールペンで書かれていますが、当時のドイツなはボールペンはありませんでした。ボールペンは後世の発明品です。[3]

脚註[編集]